コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秤量法 ひょうりょうほう weighing method

1件 の用語解説(秤量法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうりょうほう【秤量法 weighing method】

質量の測定法をいう。質量の測定はメートル条約で決められた国際キログラム原器がもつ質量との対応を求めることにあるので,この原器との対応値をもつ分銅と物体とをてんびんで直接に比較し,あるいは,分銅で校正されたはかりを用いて分銅と物体とを間接に比較して物体の質量を求める。質量の精密測定は前者により行われ,これには次の測定法がある。(1)簡易法 比例法ともいう。てんびんの両腕の長さが等しいことを前提にし,てんびんの両皿を空の状態でつり合わせたのち,一方の皿に物体を載せ,他方の皿に分銅を加減しながら載せてつり合わせ,載せた分銅の質量を物体の質量とする測定法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秤量法の関連キーワードブランド・エクイティの測定基線測量質量質量スペクトル測光テックス熱天秤比濁分析加水判定放射性炭素年代測定

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone