コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秤量法 ひょうりょうほうweighing method

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうりょうほう【秤量法 weighing method】

質量の測定法をいう。質量の測定はメートル条約で決められた国際キログラム原器がもつ質量との対応を求めることにあるので,この原器との対応値をもつ分銅物体とをてんびんで直接に比較し,あるいは,分銅で校正されたはかりを用いて分銅と物体とを間接に比較して物体の質量を求める。質量の精密測定は前者により行われ,これには次の測定法がある。(1)簡易法 比例法ともいう。てんびんの両腕の長さが等しいことを前提にし,てんびんの両皿を空の状態でつり合わせたのち,一方の皿に物体を載せ,他方の皿に分銅を加減しながら載せてつり合わせ,載せた分銅の質量を物体の質量とする測定法。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

秤量法の関連キーワード補償法水分計肥満症

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android