コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種山ヶ原 タネヤマガハラ

デジタル大辞泉の解説

たねやま‐が‐はら【種山ヶ原】

岩手県の奥州市・気仙郡住田町・遠野市にまたがる高原。南北20キロメートル、東西11キロメートルに広がる。物見山(標高871メートル)が最も高く、標高600~870メートルの起伏がゆるやかな草原が続く。放牧地として知られる。種山高原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

種山ヶ原

岩手県気仙郡住田町にある道の駅。国道397号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

種山ヶ原
たねやまがはら

岩手県南部、気仙(けせん)郡と奥州(おうしゅう)市の境界にある物見(ものみ)山(種山、871メートル)を中心とする高原。標高600~800メートルの北上(きたかみ)高地の隆起準平原の草原が広がり、夏はツツジが群生し、放牧された牛や馬が草をはむ牧歌的風景が展開する。道の駅「種山ヶ原」には農民詩人、作家宮沢賢治の詩碑がある。キャンプ場、スキー場としてもにぎわう。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

種山ヶ原の関連キーワード岩手県気仙郡住田町風の又三郎

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android