稲荷山古墳出土鉄剣(読み)いなりやまこふんしゅつどてっけん

日本大百科全書(ニッポニカ)「稲荷山古墳出土鉄剣」の解説

稲荷山古墳出土鉄剣
いなりやまこふんしゅつどてっけん

埼玉県行田(ぎょうだ)市埼玉(さきたま)にある埼玉古墳群の一基、稲荷山古墳(前方後円墳)より出土した鉄剣。1968年(昭和43)発掘調査の際、墳頂部の第1主体部の礫槨(れきかく)から出土した。剣の長さ73.5センチメートル、身幅3.15センチメートル。78年保存処理のため錆(さび)落とし作業中、剣身の表裏に、115文字の金象嵌(きんぞうがん)銘文が発見された。文中の「辛亥(しんがい)年七月中」「獲加多支(わかたける(ろ))」「杖刀人」、8代にわたる人名など、5世紀の古代史・考古学研究のうえできわめて重要な史料となっている。現在は保存処理され、鏡、環鈴など他の出土品とともに現地の「さきたま資料館」に保管展示されている。83年国宝に指定された。

[柳田敏司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「稲荷山古墳出土鉄剣」の解説

稲荷山古墳出土鉄剣
いなりやまこふんしゅつどてっけん

1978年に115字の銘文が判明した古墳時代後期鉄剣
稲荷山古墳は埼玉県行田市の埼玉 (さきたま) 古墳群にある全長約120mの前方後円墳である。銘文は115の漢字の銘で,乎獲居 (おのわけ) の7代前の意冨比垝 (おおひこ) からの名前がわかり,代々杖刀人の首として獲加多支鹵 (わかたける) 大王まで仕えたことが記されている。銘文の「辛亥年」は471年,「獲加多支鹵 (ワカタケル) 大」は,『記紀』に見える雄略天皇と考えられている。銘文から5世紀後半に大和政権の支配が東国に及んでいたと想定されている。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android