コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄剣 テッケン

3件 の用語解説(鉄剣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てっ‐けん【鉄剣】

鉄製の剣。中国では戦国時代末期から、日本では弥生古墳時代に現れた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てっけん【鉄剣】

鉄製の剣。日本では弥生・古墳時代の遺物に多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄剣
てっけん

鉄製の剣。日本では石剣、銅剣にかわって、弥生(やよい)時代中期中ごろに出現する。現在、弥生時代に属する鉄剣は北部九州を中心にして60例ほど出土している。終末期のものを加えると100例を超し、分布は関東にまで広がっている。関(まち)・茎(なかご)の形態、茎・目釘(めくぎ)穴の有無などさまざまであるが、剣身の長さは普通15~30センチメートル、長くても40センチメートルほどで、長剣に属するものはなく、すべて短剣の部類といえよう。剣身が短く茎が長いものの一部に槍(やり)と考えられているものもあるが、木柄(もくへい)の残存状態が悪く、確たるものはない。ただ、かつて中山平次郎によって紹介された福岡県糸島(いとしま)市二丈吉井(にじょうよしい)出土の異形鉄剣は、青銅製の翼状の鐔(つば)をはめていた。これは朝鮮楽浪古墓(らくろうこぼ)、中国洛陽焼溝漢墓(らくようしょうこうかんぼ)などに類例があり、槍と考えられる。
 古墳時代には長剣も出現し、鉄剣は前期古墳の副葬品として多く出土する。後期になると鉄刀が圧倒的に多くなり、鉄剣は減少していく。古墳時代にも槍または手矛(てぼこ)と考えられているものもある。[橋口達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉄剣の言及

【刀剣】より

…したがって刀剣といった場合,広義には打物武器を汎称するものであり,剣,大刀(たち),太刀(たち),脇指(わきざし),短刀などのことをいい,そのほか槍(やり)や薙刀(なぎなた)なども含まれる。日本では弥生時代に銅剣が用いられ始め,古墳時代初期には鉄剣と鉄刀の両方が存在し,後期ではほとんど鉄刀だけとなる。それらはすべて反りのない直刀であって,反りのついたいわゆる日本刀が完成されるのは,平安時代中期ころのことである。…

※「鉄剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄剣の関連キーワード威烈王エペ韓非戦国鉄鉢鉄炉画像塼竹流し半首清光(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄剣の関連情報