コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積立方式 つみたてほうしき

4件 の用語解説(積立方式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積立方式
つみたてほうしき

将来発生することが予想される支払いに対して,前もって原資を積立てておく財政方式の一つで,賦課方式に対するもの。社会保障,特に年金について議論される方式である。日本の公的年金制度は基本的にはこの方式をとっているが,過去の所得水準の低い時代に拠出した加入者に対する給付のかさ上げ,物価スライド方式の導入,給付引上げに伴う急激な負担上昇の抑制など,種々の政策措置によって純粋な積立方式から次第に離れてきており,修正積立方式といわれるものに変化している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

積立方式【つみたてほうしき】

社会保険の財政方式の一種で,保険料を一定期間積み立て,その元利合計を原資として給付を賄う方式。年金等の長期保険に用いられるが,インフレーションによる減価や経済成長の成果が直接に反映されない等の理由で,日本では完全積立方式ではなく修正積立方式を採用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

会計用語キーワード辞典の解説

積立方式

自分の支払った保険料で積立・運用した中から、年金を受け取る方式のこと。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つみたてほうしき【積立方式】

事前に積み立てた保険料とその運用利子で将来の給付をまかなう、社会保険などの財政方式。年金保険などに用いられる。 → 修正積立方式賦課方式

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の積立方式の言及

【社会保障】より


[社会保障の財政方式]
 社会保障制度を計画的に運営していくためには,給付と費用のバランスを維持していくメカニズムが必要である。これは財政方式とよばれ,賦課方式pay‐as‐you‐go systemと積立方式funding systemがある。賦課方式とは,当年度の給付費用を当年度の租税ないし保険料によって調達しようというものであり,医療保険や失業保険のような短期保険のほか,年金保険のような長期保険においても欧米諸国では広く採用されている。…

※「積立方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

積立方式の関連キーワードリスクアセスメント事前協議事前面接察知事前予覚事前調整型破綻腹合せPSKインベントリー法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

積立方式の関連情報