コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野洋 さのよう

5件 の用語解説(佐野洋の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

佐野洋

推理作家。1928年5月22日、東京都生まれ。本名・丸山一郎。東京大学卒業後、読売新聞社に入社。記者時代の58年に推理作家としてデビューし、59年に同社を退社。64年に『華麗なる醜聞』で日本推理作家協会賞を受賞した。73年から39年間に渡って月刊誌「小説推理」(双葉社)にコラム「推理日記」を連載。同年より6年間、日本推理作家協会の理事長も務めた。推理文壇に与えた功績から、97年に日本ミステリー文学大賞を、2009年には菊池寛賞を受賞した。13年4月27日、肺炎のため死去。享年84。

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さの‐よう〔‐ヤウ〕【佐野洋】

[1928~2013]推理作家。東京の生まれ。本名、丸山一郎。読売新聞社勤務のかたわら小説を執筆。「一本の鉛」を発表した後は作家生活に専念。「華麗なる醜聞」で日本推理作家協会賞受賞。他に「透明受胎」「轢(ひ)き逃げ」「禁じられた手綱」など。平成10年(1998)功績により第1回日本ミステリー文学大賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐野洋【さのよう】

作家。東京都生れ。本名丸山一郎。東京大学文学部卒業。読売新聞記者時代の1958年に推理作家としてデビュー。〈短編の名手〉といわれ,1964年に《華麗なる醜聞》で日本推理作家協会賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野洋 さの-よう

1928-2013 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和3年5月22日生まれ。昭和28年読売新聞社入社。33年「銅婚式」が「週刊朝日」と「宝石」共催の懸賞小説に入選。翌年「一本の鉛」を発表し,作家専業となる。40年「華麗なる醜聞」で日本推理作家協会賞。48年-54年日本推理作家協会理事長。「透明受胎」「轢(ひ)き逃げ」など,斬新な着想による本格推理に定評があり,平成10年第1回日本ミステリー文学大賞。21年菊池寛賞。著作はほかに「葬送曲」「推理日記」シリーズなど。平成25年4月27日死去。84歳。東京出身。東大卒。本名は丸山一郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐野洋
さのよう
(1928― )

推理作家。本名丸山一郎。東京生まれ。東京大学文学部卒業後、読売新聞社に入社。1959年(昭和34)、密室殺人と特異な動機を組み合わせた処女長編『一本の鉛』を発表、新聞社を退社して文筆生活に入り、旺盛(おうせい)な筆力で長短のミステリーをものし、新本格派の代表作家となる。ジャーナリストの経験を生かした社会感覚、ひねりのきいたプロットの展開、軽妙な文体に特色をみせ、65年には『華麗なる醜聞』で日本推理作家協会賞を受賞した。これは駐日外国公使のスキャンダルと、それにからむバスの爆破事件が発端となり、その真相の究明に乗り出した新聞記者の手記という形式をとったミステリーで、謎の核心に迫る手法には作者の取材経験が生かされていて迫力がある。『轢(ひ)き逃げ』(1970)も代表作の一つで、第1部は轢き逃げ犯の隠蔽(いんぺい)工作を倒叙形式で描き、第2部ではその犯人の失踪(しっそう)と殺害を本格的な謎ときの手法で描いて間然するところがない。そのほか『完全試合』(1961)、『禁じられた手綱』(1973)など野球、競馬、競輪など現代人好みのテーマを扱った作品も多い。また『金属音病事件』(1961)、『透明受胎』(1965)など、ミステリーの技巧を駆使してSFのなかで謎の解明を追求する、いわゆるSFミステリーの作品もあり、推理小説の発展に貢献したその業績に対して、1997年(平成9)に第1回日本ミステリー文学大賞(光文シエラザード文化財団)を贈られた。
 エッセイやノンフィクションも手がける。ミステリーエッセイの『推理日記』は、1976年に始まり、2001年(平成13)には、『推理日記 Part9』が発表されている。ノンフィクションには、『北の事件簿』(1983)、『檻(おり)の中の詩(うた)――ノンフィクション・布川(ふかわ)事件』(1993)などがある。[厚木 淳]
『『檻の中の詩(うた)――ノンフィクション・布川事件』(1993・双葉社) ▽『推理日記 Part9』(2001・講談社) ▽『佐野洋推理傑作選』全7冊(講談社文庫) ▽『一本の鉛』『華麗なる醜聞』『完全試合』『透明受胎』(角川文庫) ▽『轢き逃げ』(講談社文庫) ▽『金属音病事件』(ケイブンシャ文庫) ▽『北の事件簿』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐野洋の関連キーワード吉田文雀森毅天田昭次大久保典夫加藤進鈴木鷹夫立間祥介角田達郎野上竜雄山下和夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐野洋の関連情報