コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空空 クウクウ

2件 の用語解説(空空の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くう‐くう【空空】

[名]仏語。宇宙間の一切の存在はすべて空であり、その空であるという道理自体も空であるということ。
[ト・タル][文][形動タリ]
何もないさま。むなしいさま。「空空たる蒼穹(そうきゅう)」
心にこだわりのないさま。
「例の如く―として偶然童子の如く舞い込んで来た」〈漱石吾輩は猫である

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くうくう【空空】

( 名 )
〘仏〙 空と考えることもまた空であること。
( トタル ) [文] 形動タリ 
何もないさま。空しいさま。 「志を立つる能はず、-として経過せり/欺かざるの記 独歩
何事にもとらわれないさま。 「例の如く-として偶然童子の如く舞ひ込んで来た/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空空の関連情報