コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空空 クウクウ

デジタル大辞泉の解説

くう‐くう【空空】

[名]仏語。宇宙間の一切の存在はすべて空であり、その空であるという道理自体も空であるということ。
[ト・タル][文][形動タリ]
何もないさま。むなしいさま。「空空たる蒼穹(そうきゅう)」
心にこだわりのないさま。
「例の如く―として偶然童子の如く舞い込んで来た」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうくう【空空】

( 名 )
〘仏〙 空と考えることもまた空であること。
( トタル ) [文] 形動タリ 
何もないさま。空しいさま。 「志を立つる能はず、-として経過せり/欺かざるの記 独歩
何事にもとらわれないさま。 「例の如く-として偶然童子の如く舞ひ込んで来た/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空空の関連キーワードプレヴォの法則(熱交換)ドローン(無人飛行体)ポッツォ飛行場トタル高度計

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android