コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空頂黒幘 クウチョウコクサク

世界大百科事典 第2版の解説

くうちょうこくさく【空頂黒幘】

の一種。天皇および皇太子が元服のときに加冠前につける。《新撰字鏡》に〈比太比乃加加保利(ひたひのかかほり)〉とみえているように,前額部に当てるもので,幘(さく)に冠と同じ羅(ら)をたいらにつけ,頂の部分には何もなく,幘で頭に結びつけるようになっている。平安時代中ごろから用いられるようになり,いまに及んでいる。ただ現制では天皇,皇太子の成年式ばかりではなく親王,内親王の成年式にも用いられる。天皇と皇太子のそれは形を異にし,天皇のものは,幘につける羅は1枚になっており,3山となって中央が左右よりも高くなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くうちょうこくさく【空頂黒幘】

天皇・皇太子が元服の際、加冠の前に着ける額当て。黒の羅で三山形に作り、天皇のものは羅が一枚、皇太子は三枚からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の空頂黒幘の言及

【元服】より

…太政大臣が当たり,太政大臣がいないときにはとくに任命される。理髪の役は加冠に先立ち,空頂黒幘(くうちようこくさく)(薄物を二重にして花形に作り,紫の組紐を左右に付けた頂のない冠)を脱がせ,加冠後櫛(くし)で鬢(びん)を理する役で,左大臣もしくはこれに準ずる者が奉仕した。能冠は初めて空頂黒幘を頭に加える役で,内蔵頭が当たる例が多い。…

※「空頂黒幘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

空頂黒幘の関連キーワード三枚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android