コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空頂黒幘 クウチョウコクサク

3件 の用語解説(空頂黒幘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くうちょう‐こくさく〔クウチヤウ‐〕【空頂黒×幘】

黒絹製の天冠(てんかん)の一種で、天皇・皇太子の元服のとき、加冠の前に着けるかぶりもの。菱文(ひしもん)の刺繍(ししゅう)をした羅(うすもの)で三山形(さんざんがた)に作り、下縁にひもをつけて額に当て、後ろで結ぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くうちょうこくさく【空頂黒幘】

の一種。天皇および皇太子が元服のときに加冠前につける。《新撰字鏡》に〈比太比乃加加保利(ひたひのかかほり)〉とみえているように,前額部に当てるもので,幘(さく)に冠と同じ羅(ら)をたいらにつけ,頂の部分には何もなく,幘で頭に結びつけるようになっている。平安時代中ごろから用いられるようになり,いまに及んでいる。ただ現制では天皇,皇太子の成年式ばかりではなく親王,内親王の成年式にも用いられる。天皇と皇太子のそれは形を異にし,天皇のものは,幘につける羅は1枚になっており,3山となって中央が左右よりも高くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くうちょうこくさく【空頂黒幘】

天皇・皇太子が元服の際、加冠の前に着ける額当て。黒の羅で三山形に作り、天皇のものは羅が一枚、皇太子は三枚からなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の空頂黒幘の言及

【元服】より

…太政大臣が当たり,太政大臣がいないときにはとくに任命される。理髪の役は加冠に先立ち,空頂黒幘(くうちようこくさく)(薄物を二重にして花形に作り,紫の組紐を左右に付けた頂のない冠)を脱がせ,加冠後櫛(くし)で鬢(びん)を理する役で,左大臣もしくはこれに準ずる者が奉仕した。能冠は初めて空頂黒幘を頭に加える役で,内蔵頭が当たる例が多い。…

※「空頂黒幘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

空頂黒幘の関連キーワード加冠烏帽子名男名監国行啓皇太子妃内廷費初元結半元服阿曇浜子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone