コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成年式 せいねんしき

6件 の用語解説(成年式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成年式
せいねんしき

通過儀礼の一つで,子供から一人前の社会人になったことを公認する儀礼。この儀礼手続は,ある期間親から隔離され,一度死んで再び生まれ変わるという宗教観念に結びついている。また祖先や年長者への尊敬服従,固有の神話伝説などを教えられたり,肉体的,精神的な試練を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいねん‐しき【成年式】

天皇および皇族が成年に達したときに行う儀式。
成人式2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

成年式【せいねんしき】

男女が一人前になったことを社会的に認める儀式。式の前後に神話・伝説を習得したり,割礼,抜歯,瘢痕(はんこん)文身などの身体変工や各種の試練を課するなど,各社会によってさまざまな儀礼がなされる。
→関連項目烏帽子親周辺人年齢集団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいねんしき【成年式 puberty rites】

成年式とは,子どもから一人前おとなへ移行する際に,その境界に設けられた文化的規定である。成人式ともいい,女性の場合は成女式と呼びわけることもある。成年式が一定の集団(たとえば若者組)への加入儀礼と重複している場合も多い。しかしここでは,特定の集団への新たな加入ではなく,一人前のおとなへ移行するという個人の地位の変更を強調する儀礼に限定して述べることにする。 一人前の条件は社会によってかなりの相違がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいねんしき【成年式】

天皇および皇族が成年に達したとき行われる儀式。
子供から大人の社会へ仲間入りし、心身ともに一人前の人間として社会的に承認される式。女子の場合には成女式と呼び分けることもある。 → イニシエーション

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成年式
せいねんしき

成人式ともよばれる。それまで子供として扱われていた個人が、一人前として社会から認められる儀礼で、通過儀礼のなかでももっとも重要かつ多彩な性格をもっている。女性の場合は成女式とよばれることもある。成年式は成熟祝いの場合と入社式(イニシエーション)の場合とを区別しておく必要がある。前者は個人中心で、家族的かつ公開的に行われるものをさし、後者は成人の年齢に達した男子(女子)の若者組、娘組、男子結社などへの集団的加入礼をいう。一般に男子の成年式は集団的に行われることが多く、女子の成女式は個人的・家族的である。成年式は男子では生理的成熟とかならずしも一致しないが、女子では初潮の時期と一致している。
 成年式を通過することによって、個人は初めて一人前の成人としての権利を獲得し、義務を負うことになる。したがって、いずれの社会でも成年式はきわめて重視されており、これまでの生活からの別離と新しい身分の獲得が、「死と再生」のモチーフによって示されることが多い。また成年式は典型的な通過儀礼であるから、(1)これまでの身分からの分離期、(2)新しい身分を獲得するまでの過渡期、(3)新しい身分への統合期、という三つの段階からなっている。
 西アフリカのメンデ人のポロとよばれる成年式(加入礼)では、学齢期の少年が一定数に達すると、少年たちは同族の長老によってブッシュの中につくられた学校へ連れられていく。少年の腹の上にニワトリの血が入った袋が巻き付けられ、学校の柵内(さくない)に投げ入れられるとき、槍(やり)で袋が突かれて血が流れる。少年たちは死んで霊界に入ったものとみなされるのである。分離の儀礼を意味している。学校にいる間、少年たちはメンデ人の倫理、道徳、儀礼、生活技術など、成人男子が知っておかねばならないあらゆる知識を学ぶ。学校での訓練は苦しいが、次々と宴が繰り広げられ、楽しい面もある。少年たちは割礼(かつれい)を受け、性教育も施される。この期間を過渡期と考えることができる。訓練を終わった少年たちは村へ帰されるが、名前が変わり、家族や知人に会っても知らないふりをする。「再生」を象徴しており統合期にあたる。
 このように成年式には、それを受ける個人が、この儀礼を期して(1)社会の一人前の成員になること、(2)その能力を試すための一定の試練を受けること、(3)結婚が許されること、という三つの重要な側面をみてとることができる。
 わが国の場合、成年式は一般に15歳から18歳までに行われていた。貴族社会では加冠(かかん)とか元服(げんぷく)とかよばれ、士族社会では烏帽子着(えぼしぎ)、農民の間では男は名替(ながえ)祝い、女の場合は鉄漿付(かねづけ)祝い、ユモジ祝いなどとよばれた。また、日本の伝統社会では、何をもって「一人前」と考えるかということについて一定の基準があり、田打ち、田植、草刈りなど、成人が1日にできる仕事の量が村によって定まっており、成年式では各人の能力が試された。
 現在の「成人の日」(1月15日、2000年からは1月第2月曜日)の意義は、20歳をもって自動的に成人になったとし、法的な権利義務を遂行しうるということを、当人に認識させることであるが、国が一律に決めたことであり、本人の意志や努力とは関係がない。[綾部恒雄]
『アルノルト・ファン・ヘネップ著、綾部恒雄・綾部裕子訳『通過儀礼』(1977・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の成年式の言及

【一人前】より

…女子の場合は,男子の基準をやや下回るが,機織では1日に1反という例もある。(4)成年式を経たもの。男子は元服,女子は初潮祝,また鉄漿(かね)付け祝などの成年式を済ますと一人前と認められた。…

【加入儀礼】より

…比較的小人数に対して同時に行われる場合が多く,秘儀性をともなうことが最も重要な特徴である。したがって,成年(人)式または成熟祝puberty ritualと加入儀礼とは区別する必要がある。前者は,人の一生における重要なできごととしての思春期を強調はするが,明確な社会集団への加入をもたらすことはない。…

【化粧】より

…たとえば白は死者の色,死のとしておおむね位置づけられている。白は数ある通過儀礼のなかで最大の儀礼である成年式に,最も効果的に使用される。年若い候補者たちはまず儀礼的に死ななければならない。…

【身体装飾】より

…身体装飾は身分や所属をあらわす指標であり,敵を威嚇する武器でもある。たとえばオーストラリアのアボリジニーは,トーテム儀礼や成年式,またタブーを解くときなどさまざまな機会に塗色する。南アメリカのインディアン諸族のボディ・ペインティングはその華麗大胆さで知られているが,ブラジルのワウラ族は戦争ゲームを行うとき,頭頂からつま先まで,白,黒,赤の顔料を用いて大胆で生き生きとした模様を描く。…

【身体変工】より

…たとえばメラネシアやアフリカでは,近親者を失った女性が,そのたびごとに指を1本ずつ切り落としていく例が見られる。このほか哀悼の意を示すため耳が,また供犠として指が切断されることもあり,アフリカなどでは成年式儀礼において男性の乳首の切断が行われる。(4)身体狭窄(きようさく) 緊縛によって,頭,首,腕,腰,脚,足などが人工的に狭窄され,体形が変形される。…

【成年】より

…一方,男15歳,女13歳を婚姻許可年齢とする規定もあり,後の男女の成年儀礼の年齢とも重なるが,この規定自体は唐制を模倣した条文であった。むしろ古代の成年は一定の年齢の幅の中で,身体的・精神的条件の発達に応じて行われる成年式を経て,成人として社会から認定されていたと考えられる。【勝浦 令子】 子どもから大人への移行を社会的に公認する儀礼である成年(成人)式は,時代により,身分・階級により一定のしきたりがあった。…

【通過儀礼】より

…第2段階の過渡儀礼は,当事者がすでにこれまでの状態でなく,しかしまだ新たな状態にも入っていない,中間的で無限定な状態にあることを示し,来るべき生活に対処するための学習や修業に努めることが多い。オーストラリアのカラジェリ族の成年式における過渡儀礼では,儀礼の間は無言で,身振りによってすべてを表現する。無言のうちに,過渡的で無限定の状態が示されている。…

【日本神話】より

…次いで部民制の起源などを扱った〈垂仁記〉の後に〈景行記〉の倭建(やまとたける)命(日本武尊)の物語が記されている。景行天皇と皇子ヤマトタケルとの劇的な対立を発端とするこの物語は通過儀礼の試練が戦士の物語として表現されたもので,成年式を終えた若き勇者が荒らぶる自然の神々やまつろわぬ〈エミシ〉との運命的な闘いを繰り広げる,古代英雄の遍歴の物語でもあった。そして中巻の終末近くには神功(じんぐう)皇后の〈新羅征討〉の物語が記される。…

【年齢集団】より

…社会結合の契機には血縁や地縁のほかに,基本的なものとして〈性と年齢〉があるが,部族社会ではしばしば,これが血縁や地縁をたち切って強固な年齢集団が形成される。民族学者シュルツHeinrich Schurtzが《年齢階梯制と男子結社》(1902)を著してこのことを大きくとりあげたが,彼は思春期における男子の女性および家族・親族からの隔離が,部族的成年式(割礼を伴うことが多い)で強調されることに注目した。反面,女子では初潮の時期が一様ではないので,成女式は男子のように部族的規模で一定時期に行われず,また妊娠・出産・育児のため家族・親族や近隣などのせまい血縁・地縁に拘束されて,年齢集団ができにくいとした。…

【抜歯】より

…歯を削る尖歯や研歯とともに,歯牙変工の一技法であり,広くは身体変工の一種とも考えられる。抜歯は成年式儀礼の一部として行われるのが一般的である。すべての歯が抜歯されるわけではなく,前歯の中の特定の歯が対象となり,各民族ごとにどの歯を抜くかが伝統的に定められている。…

【瘢痕文身】より

…また,描かれる文様も民族ごとに異なっており,一般に,抽象的,幾何学的なものが多い。 瘢痕文身は成年式儀礼の一部として行われるのが一般的である。切込みや焼灼に伴う苦痛に耐えて初めて,社会の正式な成員として承認される。…

※「成年式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

成年式の関連キーワード地平線愛人天の逆鉾天神様白日野暮天松竹梅 天天神町天王町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成年式の関連情報