立体的(読み)りったいてき

精選版 日本国語大辞典「立体的」の解説

りったい‐てき【立体的】

〘形動〙
① 立体感のあるさま。平面の広がりだけでなく、深さや奥行などのあるさま。音響などにもいう。
※病牀六尺(1902)二六〈正岡子規〉「写真双眼鏡、〈略〉何でも奥深く立体的に見えるので、外の人は子供だましだといふかも知れぬが」
② 物事をさまざまな角度から総合的にとらえるさま。
※現代大辞典(1922)〈木川・堀田・小堀・阪部〉現代用語「立体的(リッタイテキ)〉表面に現はれただけを相手とするのは平面的で、内面に入りて深く観察するのが即ち立体的である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立体的」の解説

りったい‐てき【立体的】

[形動]
平面の広がりだけでなく、奥行き・高さ・厚みなどがあるさま。また、そのような感じを与えるさま。「立体的な画面」⇔平面的
物事をいろいろな角度から総合的にとらえるさま。「現象を立体的に把握する」⇔平面的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android