コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜村平蔵 たつむら へいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜村平蔵 たつむら-へいぞう

1876-1962 明治-昭和時代の染織家。
明治9年11月14日生まれ。西陣織の販売をしながら織物技術を研究。明治38年京都西陣に竜村製織所を創設して新技術を開発,美術織物を制作した。また古代裂(ぎれ)などの復元にとりくみ,日本の美術織物の海外紹介につとめた。昭和31年芸術院恩賜賞。昭和37年4月11日死去。85歳。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

竜村平蔵【たつむらへいぞう】

織物工芸家。初世〔1876-1962〕は大阪生れ。17歳で織物業に入り,1897年西陣に実験工場を設けて西陣織,博多織ゴブラン織などを改良,美術織物を研究して古代裂(こだいぎれ),名物裂の復元にも努めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たつむらへいぞう【竜村平蔵】

1876~1962) 染色工芸家。大阪生まれ。美術織物の創作、古代裂の研究・復元に努めた。作「漢羅楽浪壁掛」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜村平蔵
たつむらへいぞう
(1876―1962)

現在の株式会社竜村美術織物の創始者。明治、大正、昭和にわたっての京都織物界の中心的人物の1人であった。大阪の商家に生まれたが、天性独創の才があり、17歳にして自ら進んで織物界に入り、1905年(明治38)西陣(にしじん)に竜村製織所を創設し、その優れた創意と熱情によって次々と新技術を開発し、特許、登録を受けたもの数十種を数えた。一方、法隆寺、正倉院裂(ぎれ)や名物裂などの古典織物の復原模造も行い、文展の工芸部門の審査員も務めた。27年(昭和2)および31年に日展に出品された「漢羅楽浪(かんららくろう)壁掛」「天地逆旅(てんちぎゃくりょ)壁掛」は代表作といわれる。56年(昭和31)芸術院恩賜賞、58年紫綬(しじゅ)褒章を受けた。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竜村平蔵の関連キーワード昭和時代山辺知行

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android