コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三根 みね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三根
みね

佐賀県東部,みやき町南部の旧町域。佐賀平野東部,筑後川沿岸にある。 1955年南茂安村と三川村が合体,1962年町制。 2005年北茂安町,中原町と合体し,みやき町となる。全域が沖積平野で,米作やイグサ,野菜栽培が行なわれる。久留米市 (福岡県) に隣接し,粘土瓦,ブロック,衣料工場などがあり,住宅地化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三根
みね

佐賀県東部、三養基(みやき)郡にあった旧町名(三根町(ちょう))。現在は、みやき町の南部を占める地域。福岡県と接する。旧三根町は、1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)中原(なかばる)、北茂安(きたしげやす)の2町と合併して、みやき町となった。三根は『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』の景行(けいこう)天皇説話に御寝(みね)の意と伝え、旧郡名(三根郡)ともなる。旧三根町域は筑後(ちくご)川に沿う山のない沖積低地で、溝渠(こうきょ)(クリーク)が多い。米作のほかイグサ栽培が目だつ。かつては粘土瓦(がわら)生産などが盛んで、中心の江見津(えみつ)は旧河港。蛇行する筑後川の旧流路が県境をなすため、左岸福岡県側に土居外(どいほか)、坂口(さかぐち)の旧三根町分を残す。土居外地区の学童が登校中、渡し船遭難事故にあい、その後天建寺(てんけんじ)橋ができた。現在の天建寺橋は1999年に架けかえられたもので、橋近くには「学童遭難碑」が立てられている。脊振(せふり)山地から寒水(しょうず)川などが南流し、水害常襲地。佐賀藩の重臣成富兵庫(なりとみひょうご)茂安(しげやす)の千栗土居(ちりくどい)築堤功績碑がある。国道264号で久留米(くるめ)・佐賀両市に通じ、野菜園芸や隣接する久留米などへの通勤も多い。矢俣八幡(やまたはちまん)のタッタ浮立(ふりゅう)、宇佐八幡の獅子舞(ししまい)浮立、向島(むこうじま)の鳥塚(とりづか)などが知られる。[川崎 茂]
『『三根町史』(1984・三根町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三根の言及

【八丈島】より

… 東山山麓の湧水地帯に古くからの集落が分布し,伊豆諸島唯一の水田地帯がみられる。中央低地の三根(みつね),大賀郷(おおかごう)が中心集落で,神湊(かみなと)港,八重根港があり,神湊港と東京港間に定期船の便がある。1962年には西山山麓に空港が開かれ東京と結ばれ,82年に空港拡張工事が完成して,ジェット機が羽田から1日4往復就航するようになって島の観光地化が急速にすすんだ。…

※「三根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三根の関連キーワード佐賀県三養基郡みやき町長崎県対馬市峰町三根竹本大隅太夫(初代)竹本染太夫(2代)ディック・ミネ中原(佐賀県)恩賜賞受賞者竹本大隅太夫八丈鬼ごろしみやき(町)みやき[町]中原[町]館源右衛門小林虎三郎長与(町)八丈[町]竜造寺政家峰[町]2月7日三根山藩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三根の関連情報