コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹添履信 たけぞえ りしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹添履信 たけぞえ-りしん

1900-1934 大正-昭和時代前期の歌人,洋画家。
明治33年3月3日生まれ。嘉納治五郎の長男。竹添進一郎養嗣子若山牧水に師事し,嘉納登仙,二九十八の筆名で「創作」に短歌を発表。また春陽会をへて国画創作協会に出品,昭和7年国画会会友となった。昭和9年9月14日死去。35歳。東京出身。東京高師付属中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹添履信の関連キーワード清水宏[各個指定]工芸技術部門島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎[各個指定]芸能部門伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone