竹添履信(読み)たけぞえ りしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹添履信 たけぞえ-りしん

1900-1934 大正-昭和時代前期の歌人,洋画家。
明治33年3月3日生まれ。嘉納治五郎の長男。竹添進一郎養嗣子若山牧水に師事し,嘉納登仙,二九十八の筆名で「創作」に短歌を発表。また春陽会をへて国画創作協会に出品,昭和7年国画会会友となった。昭和9年9月14日死去。35歳。東京出身。東京高師付属中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android