コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登仙 トウセン

デジタル大辞泉の解説

とう‐せん【登仙】

天に登って仙人となること。また、仙人。「羽化登仙
貴人、特に天子を敬って、その死をいう語。〈運歩色葉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうせん【登仙】

( 名 ) スル
天にのぼって仙人になること。 → 羽化登仙
貴人、特に天皇の死を敬っていう語。 〔運歩色葉集〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

登仙の関連キーワードチュンチョン(春川)市十字亭三九竹添 履信斎藤 緑雨運歩色葉集飛騨匠物語竹添履信斎藤緑雨ぶらんこ王子喬羽化仙術尸解軽挙

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android