コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

符丁(符牒) ふちょう

1件 の用語解説(符丁(符牒)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふちょう【符丁(符牒)】

商取引で使われる値段や商品名などの隠語をいう。業者どうしあるいは店舗内の合言葉で,かつて正札販売がなかった時代に客にわからないように売値を相談するときに使われた。市場で使われるものは業種によりさまざまであるが,その土地にゆかりのある言葉や縁起のよい言葉などが使われることが多い。大阪で使われた数を表す例では(文字は順に1,2,3,4,5,6,7,8,9に対応する),天満青物市場の〈むめさくらまつたけ〉(所在地が天神の氏地で,菅原道真の愛樹にちなむ),藍玉商の〈ゑびすのわらひがほ〉,魚商の〈さりとはおもしろい〉などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の符丁(符牒)の言及

【隠語】より

…隠語は仲間うちだけに通用する目的の非公式の言葉であるから,香具師(やし)や犯罪者等の反社会的集団のものだけにかぎらず,平安時代の神宮の〈斎宮忌詞(いつきのみやいみことば)〉(塔をアララキ,僧をカミナガ,打つをナヅなど),宮廷女官の〈女房言葉〉(田楽をオデン,杓子をシャモジ,豆腐をオカベなど),僧侶の〈学林秘語〉(卵をシロナス,鮎をカミソリ,酒をゴマスなど),大阪の人形遣いの用いた〈占傍(せんぼう)〉(金銭をセンタロウなど),漁師の〈沖言葉〉や猟師の〈山言葉〉なども広い意味で隠語といえる。このほか,学生,芸能人,商人,医師,軍隊,山窩(さんか)などの社会で用いられる隠語もあるが,一般には隠語といえば反社会的集団の符丁言葉を意味することが多い。これにも香具師系,博徒系,掏摸(すり)系,盗賊系の四つの系統があるといわれている。…

※「符丁(符牒)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

符丁(符牒)の関連キーワードロゴタイプ買値商取引帳入れ値段生れ値終り値買方気配値売買代金符丁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone