天満青物市場(読み)てんまあおものいちば

百科事典マイペディアの解説

天満青物市場【てんまあおものいちば】

江戸時代,大坂の天神(てんじん)橋北詰付近より東方竜田(たった)町に至る大(おお)川(淀川)北岸にあった市場。大坂の青果物を独占的に売買し,堂島(どうじま)米市場雑喉場(ざこば)魚市場と並んで大坂の三大市場といわれた。もと大坂の青物市場石山本願寺門前にあったと伝え,豊臣秀吉大坂城と大坂の町が建設されたのちは二転,三転し,1653年に天満に移った。1685年には問屋54軒を数え,1772年株仲間結成を認められた。明治以後も大阪市の唯一の青物市場であったが,1931年大阪中央卸売市場が成立,当市場は廃止された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の天満青物市場の言及

【天満】より

…もっとも,天満というときは天満組の範囲よりもかなり広く,堂島,堂島新地から長柄町までをも含み,飛地もあった。雑喉場(ざこば)魚市場とともに,大坂の三大市場と称された天満青物市場,堂島米市場などがあり,また諸藩の蔵屋敷も多数設置されて,大坂の商品流通の一中心であった。明治時代以降は造幣局をはじめ工場の進出も盛んで,大阪時計会社,天満紡績会社やビール工場,ガラス工場などもあった。…

※「天満青物市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android