コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第三のビール ダイサンノビール

2件 の用語解説(第三のビールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいさん‐の‐ビール【第三のビール】

原料に麦芽を使用したビール発泡酒に対し、麦芽以外の原料を使用したり、別種のアルコール飲料を発泡酒に加えるなどしてつくられた、ビールアルコール飲料の通称。麦芽の代わりに大豆や小麦、トウモロコシなどを原材料として使うものが多く、「新ジャンル」ともよばれる。その他の発泡性酒類。→ビール系飲料
[補説]当初、酒税法上のビールの類に属さないため税率が低く、安価で販売されたが、平成18年(2006)の酒税法改正で酒類の分類が再編され、酒税が引き上げられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

第三のビールの関連情報