コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第2審 だいにしんdie zweite Instanz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第2審
だいにしん
die zweite Instanz

訴訟事件の審理を行う第2番目の裁判所の審級。日本では三審制度を採用しているので,通常,控訴審,抗告審がこれにあたる。民事訴訟においては,第1審が簡易裁判所であれば地方裁判所が,地方裁判所であれば高等裁判所が第2審となり,刑事訴訟においては,第1審が簡易,地方,家庭裁判所のいずれであっても,高等裁判所である。ただし,第1審が高等裁判所となる事件が例外的にあり (裁判所法 16条4号,17条) ,それに関しては最高裁判所が第2審であり,かつ終審にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

第2審の関連キーワード特別民事裁判所[古代ローマ]津地鎮祭違憲訴訟チャタレー事件メーデー事件審決取消訴訟出口 伊佐男換金の利益訴訟当事者無形の賄賂教会裁判所ディルク三鷹事件吹田事件砂川事件特別上告付帯上告抗告審控訴審

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第2審の関連情報