笹寿司(読み)ささずし

デジタル大辞泉プラスの解説

笹寿司

新潟県上越地方から長野県北部に伝わる郷土料理。笹の葉の上に、酢飯と味付けした山菜卵焼紅ショウガ、鮭のそぼろなどの具をのせたもの。地域によっては押し寿司にしたり、酢飯に具材を混ぜ込む場合もある。「謙信寿司」とも呼ばれる。

笹寿司

石川県など北陸地方に伝わる郷土料理。木板の代わりに笹の葉を敷いてつくる押し寿司。サケやタイ、サバなどの魚介類を具材として挟む。石川県白山市には十文字にした笹の葉で寿司を包む地域があり、これが周辺地域に伝播したものと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android