等割(読み)とうかつ(英語表記)equal cleavage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「等割」の解説

等割
とうかつ
equal cleavage

動物の発生初期の卵割様式の一つ。全割卵で,割球の大きさがほぼ同一の卵を行なう場合をいう。不等割の対語。主として卵黄量の少ない等黄卵は等割により発生が進む。多くの刺胞動物棘皮動物ナマコ類ウニ類(8細胞期まで),ナメクジウオ,ヤムシ(→毛顎動物),哺乳類の卵などに見られる。第1卵割は動物極と植物極を通る垂直な面,第2卵割は第1卵割に直角な垂直な面,第3卵割は赤道面に沿った水平面で行なわれ,等大の 8割球を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「等割」の解説

とう‐かつ【等割】

〘名〙 動物卵の卵割型の一型式。割球の大きさがほぼ同一な卵割で、棘皮動物、哺乳類などに見られる。含有卵黄が比較的少なく、分布が一様であるため割球が等しく分割する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android