コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

答拝 タッパイ

デジタル大辞泉の解説

たっ‐ぱい【答拝】

《「たふはい」の音変化》
大饗(たいきょう)のときなどに、身分の高い人の来場に際し、主人が堂をおりて迎え、互いに拝礼したこと。
「お供廻りもかるがると地に鼻付けて主が―」〈浄・盛衰記
丁寧なもてなし。
「御馳走―請けながら」〈浄・女護島

とう‐はい〔タフ‐〕【答拝】

先方の拝礼えて礼すること。また、その拝礼。とうのはい。たっぱい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たっぱい【答拝】

〔「とうはい(答拝)」の転〕
大饗たいきようの時などに、尊貴の人が来た際、主人が階を降りて迎え、互いに拝すること。答の拝。転じて、丁重な挨拶あいさつ。とうはい。 「地に鼻つけて主が-/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」
手厚いもてなし。とうはい。 「馳走-ヲ尽クス/日葡」

とうはい【答拝】

先方の拝礼に対する返礼。答とうの拝。たっぱい。
たっぱい(答拝) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

答拝の関連キーワード答の拝大饗

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android