コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箇旧 かきゅう

百科事典マイペディアの解説

箇旧【かきゅう】

箇旧(こきゅう)

箇旧【こきゅう】

〈かきゅう〉とも。中国,雲南省南部の都市。紅河ハニ(哈尼)族イ(彝)族自治州の州都。中国第1のスズの生産地で,【てん】越(てんえつ)鉄路(昆明〜ハノイ)の碧色寨より分岐する碧石鉄路が通じる。
→関連項目蒙自

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こきゅう【箇旧 Gè jiù】

中国,雲南省南東部の市,紅河ハニ(哈尼)族イ(彝)族自治州の主都。人口39万(1994)。石灰岩を主とする岩層には,世界最大級のスズ鉱区があり,〈スズの都〉とよばれる。漢代は益州郡賁古県に属し,《漢書地理志にスズ産出の記事がある。以後スズ鉱の採掘とともに繁栄,元代に蒙自県となったが,旧の名は明代にあらわれる。清の光緒年間(1875‐1908)に箇旧庁が設置され,1910年(宣統2)滇越(てんえつ)鉄道と接続後,飛躍的に発展し箇旧県をへて,51年市に改められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箇旧
かきゅう / コーチウ

中国南西部、雲南(うんなん)省南東部の県級市。紅河(こうが)ハニ族イ族自治州に所属する。人口39万1979(2013)。漢代から知られる錫(すず)の産出地で錫都(せきと)ともよばれる。錫の埋蔵量は全国の半分以上を占め、世界最大級の鉱床があるといわれる。錫の精錬のほか、鉛やアルミニウムの精錬も行われ、燐酸(りんさん)肥料を主とする化学工業も盛んである。製糖、農機具、電機などの工業も立地している。昆明(こんめい)と河口を結ぶ狭軌の昆河線から支線が通じる。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

箇旧の関連キーワードホンホー(紅河)ハニ(哈尼)族イ(彜)族自治州ティエントン(滇東)高原ウーチョウ(梧州)地区コーチウ(箇旧)市モンツー(蒙自)県ユンナン(雲南)省ホー(賀)県コーチュウ雲南(省)精錬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android