コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙自 もうじ

百科事典マイペディアの解説

蒙自【もうじ】

中国,雲南省南東部,紅河ハニ族イ族自治州の県。昆河鉄路(昆明〜河口)と蒙宝鉄路(蒙自〜宝秀)に沿う。フランスとの条約により1889年市場が開かれ,フランス租界があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もうじ【蒙自 Méng zì】

中国,雲南省南部,紅河ハニ(哈尼)族イ(彝)族自治州東部の県。人口30万(1994)。県内には紅河すなわちソンコイ川の支流が流れ,昆河(こんか)鉄道の支線,蒙宝鉄道が通る交通の要所である。漢代に益州郡,西随県がおかれ,のち宋代には大理の拠点の一つとなったが,13世紀元代に蒙自県に改められた。フランスとの条約(1886)により,1889年(光緒15),市場が開かれ,茶や県西方箇旧(こきゆう)産のスズなどがベトナムをへてフランス方面へ輸出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒙自
もうじ / モンツー

中国、雲南(うんなん)省南東部の県級市。紅河(こうが)ハニ族イ族自治州の州政府所在地である。人口38万1007(2010)。県内を昆河線(昆明(こんめい)―河口(かこう))、蒙宝線(蒙自―宝秀(ほうしゅう))の両鉄道が通じる。元代に雲南が中国領となってから開け、蒙自千戸所が置かれ、ついで県となった。昆明から南下しベトナム国境の河口に至る街道に沿うため、交通、商業の町として発展し、1887年の清仏(しんふつ)条約により商埠地(しょうふち)として開かれた。中国第一の錫(すず)の産地箇旧(かきゅう)に隣接するため、金属加工業、ゴム、製糸工業などが発展している。ザクロの産地としても知られる。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蒙自の関連キーワードモンツー(蒙自)県A. ヘンリー北海(市)河口事件モンツー本庄繁楊増新

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android