コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箔絵 はくえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箔絵
はくえ

工芸の装飾法の一種。工品の上に,石黄などを混ぜた専用の漆で文様を描き,乾かぬ間に金銀箔を張付けたもの。中国,東南アジアに多い。日本でも古くは奈良時代作例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はく‐え〔‐ヱ〕【×箔絵】

漆工芸の技法の一。漆で模様を描いた上に金箔を置き、乾いたあとにぬぐって模様の部分だけに箔を残すもの。あらかじめ菱形(ひしがた)・短冊形などに切った金銀を貼(は)るものをもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくえ【箔絵】

金や銀の箔をおいた絵。漆で描いた模様の上に金や銀の箔をおき、乾燥後ぬぐうと模様の部分だけに箔が付着する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

はくえ【箔絵】

漆(うるし)工芸の加飾技法の一種。漆で文様を描いて、金・銀箔を貼り、乾燥後に払うと文様だけに箔が残る技法。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

箔絵の関連キーワード琉球の美術琉球漆器漆工芸木工芸漆箔

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箔絵の関連情報