コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黄 セキオウ

デジタル大辞泉の解説

せき‐おう〔‐ワウ〕【石黄】

硫化砒素(ひそ)からなる鉱物。黄色で半透明、樹脂光沢をもつ。鶏冠石に伴って産することが多く、有毒。雄黄(ゆうおう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきおう【石黄】

ヒ素の硫化鉱物。有毒。黄色で樹脂光沢がある。鶏冠石の変質したもの。雌黄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石黄
せきおう

雄黄」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石黄
せきおう
orpiment

ヒ素の鉱石鉱物の一つ。雄黄(ゆうおう)ともいう。噴気性鉱床、低温熱水性鉱床、温泉沈殿物などとして産し、鶏冠石、輝安鉱、自然砒などとよく共存する。自形は単斜柱状ないし板状である。普通は土状、塊状、皮膜状など。日本では北海道定山渓(じょうざんけい)、青森県下北半島の恐山(おそれざん)、群馬県下仁田(しもにた)町西牧(さいもく)鉱山などに知られる。英名は、ラテン語の黄金色の顔料を意味するオーリピグメントムauripigmentumによる。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石黄の言及

【絵具】より

…奈良時代の《絵因果経》に使われた赤色は丹である。黄色には酸化鉄から成る黄土と,ヒ素の硫化物の石黄があり,石黄は,雄黄や雌黄などとも呼ばれ強い毒薬としても使われた。白には白土,鉛白などがあり,白土はカオリンを含む陶土で壁画や木彫彩色など各所に古くから使われた。…

【雄黄】より

…化学成分As2S3の鉱物。雄黄という和名は,本来鶏冠石の別称であり,orpimentに対しては,雌黄(しおう)または石黄(せきおう)の名称を使用するのが望ましいとされている。レモン黄色透明で,脂肪光沢,へき開面は真珠光沢をもつ。…

※「石黄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石黄の関連キーワード石黄(データノート)モンチチェリ橄欖石ヘルツェンベルグ鉱カンフィールド鉱塩化アンモン石アラクラン石方砒素華硫化ヒ素黄土高原金村古墓硫化鉱物木地蝋塗高蒔絵輝砒鉱自然砒春慶塗漆器箔絵霞石雌黄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android