コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公名/君名/卿名 キミナ

デジタル大辞泉の解説

きみ‐な【公名/君名/×卿名】

天台宗などで、新しく僧となる前の貴族子息を、父親の官職名などにより、大蔵卿(おおくらきょう)・治部(じぶ)卿・大納言などと呼んだこと。また、その呼び名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きみな【公名】

君名とも書き,卿名(きような)ともいう。僧侶を宰相法印,大蔵卿法眼,少納言僧都など公卿の職名で呼ぶ名。中世,天台宗の寺院で,堂上公家の子息の未得度の児(ちご)を弟子にしたときに,その父の職名をつけて呼んだことによるという。《源平盛衰記》巻九に〈堂衆と申すは……近来行人とて山門の威に募り,切物,寄物責めはたり,出挙人に借しちらして徳付き,公名付なんどし以ての外に過分になり〉とあり,《海人藻芥(あまのもくず)》には,大臣ないし殿上人の子息を〈出世者〉,諸大夫ないし北面など侍の子息を〈禅侶〉と格付けしたうえで,〈禅侶は,古は多分国名を付す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

公名/君名/卿名の関連キーワード梅川・忠兵衛持明院基親西園寺実遠藤原伊尹路豊永管見記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android