コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節点 セッテン

デジタル大辞泉の解説

せっ‐てん【節点】

構造物の骨組み部材の接合点。自由に回転する滑節点、角度の変わらない剛節点がある。
レンズで、光軸に斜めに入射した光がそれと平行な出射光を得るとき、入射光・出射光それぞれの延長が光軸と交わる点。
ノード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

節点

ノード」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

せってん【節点】

ノード。⇒ノード

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せってん【節点】

〘建〙 二つ以上の部材が接合されている点。
一つの光学系で入射光線と射出光線とが平行になるときの、それぞれの光線またはその延長と光軸との交点。物体側の節点に入射した光線は、像側の節点から同じ角度で射出するように見える。物体側と像側が同じ媒質であるときは、節点は主点に一致する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

節点
せってん
nodal point

回転対称な光学結像系の光軸上で角倍率が+1であるような共役な2点をいう。光学系の両側の媒質が等しければ節点主点に一致する。物空間側の節点に向って入射した光線は,入射光線に平行な向きに像空間の節点から出ていく。節点を通って光軸に垂直な平面を節平面という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

節点の関連キーワードパーカー‐エヴィック方程式キルヒホフの電気回路の法則スプリングフォンテーンキルヒホッフの電流法則シグナルフローグラフ双対原理(電気工学)ピカデリーサーカスキルヒホフの法則意味ネットワークラーメン(建築)複合ターミナルイスタンブール流れの保持法則保有水平耐力網膜照度の式ブリッジ回路接合(建築)二端子対回路一端子対回路ブーロース