コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築上町 ちくじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

築上〔町〕
ちくじょう

福岡県北東部,東部で周防灘に面する町。英彦山地から国見山の北側に位置し,城井川 (きいがわ) 流域に沿うように広がる。 2006年椎田町,築城が合体し築上町となった。江戸時代には豊前街道宿場町,漁港として栄えた。南西部は山がちで,海沿いでは平地が開け漁村がある。漁業のほか,ブドウ,ミカン,カキ (柿) ,ナシなどの果樹,レタスやキャベツなどの野菜栽培が行なわれる。アサリの潮干狩りができる浜宮海岸近くに,航空自衛隊築城基地がある。ウメの名所として知られる浜辺の綱敷天満宮,金富神社,天徳寺など旧跡も多い。本庄のクスは国の天然記念物に指定。国の史跡である求菩提山など山間部は耶馬日田英彦山国定公園に属する。 JR日豊本線,国道 10号線,椎田道路が通じる。面積 119.61km2。人口 1万8587(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

築上町の関連情報