コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎田 しいだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椎田
しいだ

福岡県北東部,築上町東部の旧町域。周防灘に面する。 1889年町制。 1955年八津田村,葛城村,西角田村の3村と合体。 2006年築城町と合体して築上町となる。英彦山地の国見山 (638m) 北東斜面と,海岸平野からなる。江戸時代には豊前街道の宿場町,城井川 (きいがわ) 河口の港として発展。日豊本線の開通後は小倉や中津にその機能を奪われ,漁業町となった。海岸平野を中心として米作,ブドウ,カキ (柿) の果樹栽培,酪農,養豚などの多角的農業経営がみられ,周防灘に面した漁村では沿岸漁業やノリ養殖が行なわれる。綱敷天満宮,金富神社などの名所旧跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椎田
しいだ

福岡県東部、周防灘(すおうなだ)に臨む築上(ちくじょう)郡にあった旧町名(椎田町(まち))。現在は築上町の東部を占める。旧椎田町は1898年(明治31)町制施行。1955年(昭和30)八津田(はつた)、葛城(かつらぎ)、西角田(にしすだ)の3村と合併。2006年(平成18)築城(ついき)町と合併し築上町となった。旧椎田町域は南部に国見(くにみ)山北斜面山地が広がり、北西に流出する小河川が放射谷を形成。海岸沿いにJR日豊(にっぽう)本線、国道10号、椎田道路が通じる。城井(きい)川河口の古い港町で、豊前(ぶぜん)街道の宿場町、市場町としても発達したが、現在は小漁港である。稲作や野菜栽培主体の農業と、定置網やノリ養殖などの漁業が行われているが北九州工業地帯への通勤者が多い。菅原道真(すがわらのみちざね)左遷時の上陸地伝説をもつ綱敷(つなしき)天満宮や、豊臣秀吉の九州征伐で落城した宇留津城跡があり、北端には行橋(ゆくはし)市にまたがって航空自衛隊築城基地がある。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

椎田の関連キーワード福岡県築上郡築上町東九州自動車道椎田[町]築上(町)築上[町]東九州道火焔皇子豊津

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

椎田の関連情報