コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠井秀次(初代) しののい ひでつぐ

2件 の用語解説(篠井秀次(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠井秀次(初代) しののい-ひでつぐ

?-? 戦国時代の漆工。
野路善鏡(のろ-ぜんきょう)の父。武野紹鴎(たけの-じょうおう)(1502-55)の塗師(ぬし)となり,棗(なつめ)の塗りなどに腕をふるった。大和(奈良県)出身。通称は弥五郎。号は善斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

篠井秀次(初代)

生年:生没年不詳
室町末期の奈良の塗師。通称を弥五郎,号を善斎と称し,武野紹鴎に認められて棗や茶道具の塗をした。以後6代までその名が受け継がれたという。特に2代目は姓を野路と改め,号を善鏡と称して千利休の塗師となり,秀吉から天下一の号を許され,歴代中で最も著名である。3代目は善紹と号し古田織部の塗師,4代目は林斎と号し小堀遠州の塗師であったというが,いずれも確証のある作品や裏付ける記録にも乏しい。近世初頭の作者未詳の棗の編年基準の代用とされた感があり,奈良での茶道具の生産が盛んであったことの反映であろう。<参考文献>横井時冬『工芸鏡』

(小池富雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

篠井秀次(初代)の関連キーワード橋村正令奈良絵本奈良派荒木流茂山弥五郎奈良絵道意(3)羽田五郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone