簇簇(読み)そうそう

精選版 日本国語大辞典「簇簇」の解説

そう‐そう【簇簇】

〘形動タリ〙 (「そう」は「」の漢音) むらがり集まるさま。ぞくぞく。
※菅家文草(900頃)一・八月十五夕、待月「雨脚忩々雲蔟々、秋風為我可乖疎
※和漢朗詠(1018頃)下「日を礙(さ)ふる暮山は青くして簇々たり 天を浸(ひた)す秋水は白くして茫々たり〈白居易〉」 〔白居易‐和夢遊春一百詩〕

ぞく‐ぞく【簇簇】

〘形動タリ〙 (「ぞく」は「簇」の慣用音) =そうそう(簇簇)〔書言字考節用集(1717)〕
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「墓標の上に翠蓋を翳して、黄ばみ紅らめる桜の落葉点々として之を繞り、近頃立てしと覚ゆる卒塔婆は簇々(ゾクゾク)として之を護りぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「簇簇」の解説

そう‐そう【××簇】

[ト・タル][文][形動タリ]群がり集まるさま。ぞくぞく。
「この植物は、茎の先に、—として花をつけた」〈芥川・煙草と悪魔〉

ぞく‐ぞく【××簇】

[ト・タル][文][形動タリ]そうそう(簇簇)」の慣用読み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「簇簇」の解説

【簇簇】そうそう

むらがり連なる。祖席、前字(韻)〕詩 れて、山簇簇 霜曉(あ)けて、鮮鮮

字通「簇」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android