コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米法山水 べいほうさんすいMi-fa shan-shui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米法山水
べいほうさんすい
Mi-fa shan-shui

中国,北宋の文人画家米 芾 (べいふつ) ,米友仁父子が創始した山水画法。董源 (とうげん) の画法から学んだと伝えられる。筆線を隠し,筆を横に倒して点をいくつも重ねて樹木,岩山を表現する画法で,湿潤な江南の山水の趣を表現するのに適した。この点を米点といい,この米点を用いて描いた山水画を米家山水または米法山水と呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

米法山水【べいほうさんすい】

北宋の米【ふつ】(べいふつ)が創始した山水画の画法。輪郭の筆線を用いず,山の大体の形や木の枝幹を墨の暈(かさ)でつくり,その上に米点と呼ぶ平たく丸みのある墨の点を重ねて描き上げるもの。
→関連項目方従義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べいほうさんすい【米法山水 Mǐ fǎ shān shuǐ】

中国の絵画様式の一つ。米家山水ともいう。北宋末の米芾(べいふつ)とその子米友仁の画風を継承した山水画で,ていねいな輪郭線は使わず,粗放な筆致や墨の面的な広がりの効果を積極的に用いて,雲煙につつまれた山水を描くものである。元代では高克恭がこれをよく描き,さらに明代,南宗画にとりこまれ,米点,無根樹などと呼ばれる形式化した表現が生まれるようになって流布し,日本の文人画にも影響例を多くみることができる。【戸田 禎佑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

米法山水の関連キーワード元の美術点描法陳淳

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android