(読み)コ

デジタル大辞泉の解説

こ【粉】

固体が砕けて細かくなったもの。こな。「火の」「身をにして働く」

こな【粉】

砕けて細かくなったもの。粉末。「木炭の
米や麦、ソバなどをひいて細かくしたもの。特に、小麦粉。「をまぶす」

ふん【粉】[漢字項目]

[音]フン(呉)(漢) [訓]こ こな
学習漢字]4年
〈フン〉
物を細かく砕いたもの。こな。「粉状粉食粉塵(ふんじん)粉末花粉魚粉金粉胡粉(ごふん)骨粉受粉製粉鉄粉澱粉(でんぷん)
砕いてこなごなにする。「粉砕粉骨砕身
おしろい。「粉飾粉黛(ふんたい)紅粉脂粉
〈こ〉「汁粉紅粉(べにこ)片栗粉(かたくりこ)小麦粉
〈こな〉「粉薬粉雪
[難読]白粉(おしろい)糝粉(しんこ)米粉(ビーフン)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こ【粉】

固体が砕けて細かになったもの。こな。 「米の-」 「身を-にして働く」
[句項目] 粉が吹く 粉にする 粉になる

こな【粉】

細かく砕けてきわめて小さい粒になったもの。粉末。こ。 「小麦を-にひく」 「チョークの-」
[句項目] 粉をかける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ【粉】

〘名〙
① 固体が砕けて細かくなったもの。こな。粉末。
霊異記(810‐824)下「法花経并せて鉢、干飯の粉(コ)等を優婆塞に与へ。〈真福寺本訓釈 粉 コ〉」
② うどん、そばなどに入れて風味を添える香辛料。薬味。
※三議一統大双紙(15C前)法量門「そうめんの粉は、右の手よりの青躬もよし、そうめんのことくにきるなり」

こな【粉】

〘名〙
① 砕けて細かくなったもの。砕いて細かくしたもの。粉末。こ。
男重宝記(元祿六年)(1693)五「くだけひしげたるを関東にはこなにするといふ粉科(コナ)の義か」
② 米や麦をひいて細かくしたもの。特に小麦をひいたものをいう。
俳諧虚栗(1683)下「誰が家の思婦ぞ月に諷ふて粉(コナ)引は〈雪叢〉」
[語誌](1)この語が用いられるようになるのは、挙例のように近世からで、それ以前は、コであった。上代には、ア(足)、ハ(羽)など多くの一音節語が存在したが、語の不安定性、上代特殊仮名遣の区別が失われるなどの音韻変化による同音衝突を避ける目的もあり、次第にアシ(足)ハネ(羽)など、複数音節語への交替現象が見られるようになった。この変化は、とくに近世に盛んで、コもこのような変化のなかで、コナと交替しはじめた。
(2)現代では、コナが一般語となり、コは、独立用法をなくし、「小麦粉」「メリケン粉」などの複合語の造語成分や「身を粉(コ)にする」などの慣用句に見られるのみとなる。

ふん【粉】

〘名〙
① こな。こ。物のごく細かに砕いたもの。
※日葡辞書(1603‐04)「コガネノ fun(フン)
おしろい。白粉。
※本朝文粋(1060頃)一〇・花光浮水上詩序〈源順〉「花非花、水非水、欲之水、則漢女施粉之鏡清瑩」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粉の関連情報