コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗玉/新玉/荒玉/璞 アラタマ

2件 の用語解説(粗玉/新玉/荒玉/璞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あら‐たま【粗玉/新玉/荒玉/×璞】

掘り出したままで、まだ磨いていない玉。
その真価や完成された姿をまだ発揮していないが、素質のある人。
「爺いさんの記憶にあるお玉の姿は、まだ―の儘(まま)であった」〈鴎外
(新玉)《枕詞「あらたまの」が「年」にかかるところから「新玉の年」の意に用いる》年の始め。新年。正月。 新年》「―の春のマスクや楽屋入/万太郎
[補説]書名別項。→あらたま

あらたま[書名]

斎藤茂吉の第2歌集。大正10年(1921)刊。大正2年(1913)から大正6年(1917)にかけての作品、746首を収める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粗玉/新玉/荒玉/璞の関連キーワード荒石荒木采椽野面山出し粗金黄金の釜を掘り出したよう掘出し早酒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone