コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗玉/新玉/荒玉/璞 アラタマ

デジタル大辞泉の解説

あら‐たま【粗玉/新玉/荒玉/×璞】

掘り出したままで、まだ磨いていない玉。
その真価や完成された姿をまだ発揮していないが、素質のある人。
「爺いさんの記憶にあるお玉の姿は、まだ―の儘(まま)であった」〈鴎外
(新玉)《枕詞「あらたまの」が「年」にかかるところから「新玉の年」の意に用いる》年の始め。新年。正月。 新年》「―の春のマスクや楽屋入/万太郎
[補説]書名別項。→あらたま

あらたま[書名]

斎藤茂吉の第2歌集。大正10年(1921)刊。大正2年(1913)から大正6年(1917)にかけての作品、746首を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

粗玉/新玉/荒玉/璞の関連キーワード卞和素質新年補説枕詞お玉真価