粘土細工(読み)ネンドザイク

デジタル大辞泉の解説

ねんど‐ざいく【粘土細工】

粘土でいろいろな物の形をこしらえること。また、こしらえたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ねんどざいく【粘土細工】

適当な柔らかさに練った粘土または油粘土紙粘土などを使って,いろいろな形体を立体的に表現すること。とくに子どもの造形学習のうえで重要な価値をもっている。粘土工作は,感情表現から彫塑として立体芸術につながるもの,皿やつぼつくりからやがて陶器などの工芸的なデザインに発展するもの,がある。 材料は陶土が最も適当であるが,普通の粘土でも十分まにあう。粘土はよく練れば練るほど密度を増し,粘着力が強くなる。どの程度の柔らかさが工作に適当であるかというと,(1)手のひらに握ってみて,堅いところと柔らかいところがなく均密であること,(2)まるめても手のひらに粘土がつかない,(3)粘土をひも状に伸ばしたものを二つに折り,両手の指先でつまんで軽くねじってもひびわれしない,程度がよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粘土細工の関連情報