コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟津高明 あわづたかあきら

3件 の用語解説(粟津高明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟津高明
あわづたかあきら

[生]天保9(1838).4.29. 近江,膳所
[没]1880.10.29. 東京
プロテスタント信者。海軍兵学寮で学び,のち兵学校教官。明治1 (1868) 年横浜で受洗。外国宣教師と意見が合わず,新栄橋教会を離脱,日本公会の設立を試みた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟津高明 あわづ-たかあきら

1838-1880 明治時代の宗教家。
天保(てんぽう)9年4月29日生まれ。もと近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩士。J.C.ヘボン,J.H.バラに英語,キリスト教をまなび,慶応4年洗礼をうける。明治6年東京日本基督(キリスト)公会を建設し長老となる。のち独立して東京麻布に無教派主義の日本公会を設立。明治13年10月29日死去。43歳。通称ははじめ桂二郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

粟津高明

没年:明治13.10.29(1880)
生年:天保9.4.29(1838.5.22)
明治前期のキリスト教牧師。江戸生まれ。最初は桂二郎と称した。近江滋賀郡の膳所藩士であったが,維新前に脱藩。横浜でJ.C.ヘボン,J.H.バラなどから英語を学ぶ。目的は西洋事情を知るためであったが,キリスト教に接し感服し,明治1(1868)年バラから受洗。「公会名簿」の最初に名前が記されている。その後海軍兵学寮(のち兵学校)で英語を死ぬまで教授するとともに,学生たちに伝道をする。築地の新栄教会の会員であったとき,宣教師からの独立を主張し,麻布の自宅に「日本基督教会」(霊南坂教会の源流)を設立し,牧師となる。教会の独立・自治を強く主張したユニークキリスト者であった。<参考文献>佐波亘編『植村正久と其の時代』2巻

(原島正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟津高明の関連キーワード石原謙高木壬太郎キリスト教会耶蘇キリスト教徒ムラカキリスト教会マラッカのキリスト教会中東とキリスト教キリ概松野菊太郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone