コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖酸 とうさん saccharic acid

3件 の用語解説(糖酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糖酸
とうさん
saccharic acid

ブドウ糖のようなアルドースアルデヒド基第一アルコール基が,ともにカルボキシル基に酸化されたものに相当する化合物。メチルエーテルアミドとして糖の構造決定に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうさん【糖酸 saccharic acid】

強い酸化剤の処理で,糖の1位と6位の水酸基が酸化されて生じる糖ジカルボン酸の総称。グルコースマンノースの酸化によって得られるものは,それぞれグルコ糖酸,マンノ糖酸と呼ばれ,ラクトンを作りやすい。ガラクトースの酸化によってえられるガラクト糖酸は,水に溶けにくいのでとくに粘液酸呼ばれる。グルコ糖酸はグルカル酸とも呼ばれる最も代表的な糖酸で,ふつう単に糖酸といえばグルコ糖酸を指すことが多い。村松 喬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糖酸
とうさん
saccharic acid

アルドース(アルデヒド基をもつ単糖)の末端アルデヒド基と第一アルコール基を酸化し、ともにカルボキシ基(カルボキシル基)に変えることによって得られる糖ジカルボン酸の総称で、酸化は濃硝酸などの強い酸化剤で行われる。グルコースの糖酸をグルカル酸またはグルコ糖酸ともいい、もっとも代表的な糖酸であり、単に糖酸といえば普通これをさすことが多い。融点125~126℃の白色粉末状結晶で、水分を吸収してシロップ状となり、常温でラクトンをつくりやすい。このラクトンを還元するとグルクロン酸になる。
 また、ガラクトースの糖酸はガラクタル酸またはガラクト糖酸といい、融点213℃で水に溶けにくく、粘液酸ともよばれ、ガラクトースの確認に用いられる。[村松 喬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糖酸の関連キーワード酸化剤酸度水酸化物イオン水酸化鉄水酸化物苛性アルカリ水酸化両性水酸化物水酸化珪素水酸化スズ(水酸化錫)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糖酸の関連情報