コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖酸 とうさんsaccharic acid

世界大百科事典 第2版の解説

とうさん【糖酸 saccharic acid】

強い酸化剤の処理で,糖の1位と6位の水酸基が酸化されて生じる糖ジカルボン酸の総称。グルコース,マンノースの酸化によって得られるものは,それぞれグルコ糖酸,マンノ糖酸と呼ばれ,ラクトンを作りやすい。ガラクトースの酸化によってえられるガラクト糖酸は,水に溶けにくいのでとくに粘液酸と呼ばれる。グルコ糖酸はグルカル酸とも呼ばれる最も代表的な糖酸で,ふつう単に糖酸といえばグルコ糖酸を指すことが多い。村松 喬】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糖酸
とうさん
saccharic acid

アルドース(アルデヒド基をもつ単糖)の末端アルデヒド基と第一アルコール基を酸化し、ともにカルボキシ基(カルボキシル基)に変えることによって得られる糖ジカルボン酸の総称で、酸化は濃硝酸などの強い酸化剤で行われる。グルコースの糖酸をグルカル酸またはグルコ糖酸ともいい、もっとも代表的な糖酸であり、単に糖酸といえば普通これをさすことが多い。融点125~126℃の白色粉末状結晶で、水分を吸収してシロップ状となり、常温でラクトンをつくりやすい。このラクトンを還元するとグルクロン酸になる。
 また、ガラクトースの糖酸はガラクタル酸またはガラクト糖酸といい、融点213℃で水に溶けにくく、粘液酸ともよばれ、ガラクトースの確認に用いられる。[村松 喬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

糖酸の関連キーワードガラクタル酸ブドウ糖ウロン酸造血薬糖類鉄剤

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糖酸の関連情報