糜爛(読み)ビラン

デジタル大辞泉の解説

び‐らん【××爛】

[名](スル)
ただれくずれること。「糜爛した時代風潮」
皮膚や粘膜の上層の細胞がはがれ落ち、内層が露出している状態になること。ただれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びらん【糜爛】

( 名 ) スル
ただれること。 「 -した歓楽/悪魔 潤一郎
皮膚・粘膜の表皮が欠損した状態。ただれ。 〔欠損が真皮・皮下組織に及ぶものは潰瘍かいようという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

び‐らん【糜爛】

〘名〙
① かゆの煮えくずれたように、ただれくずれること。また、国などの乱れすたることや、人民の疲弊のはなはだしいことにたとえる。
※新論(1825)国体上「天下鼎沸、万姓糜」 〔孟子‐尽心・下〕
② つぶすこと。むだにすること。
※童子問(1707)下「近世諸大儒、亦多以此糜爛許多歳月
③ 医学で、皮膚や粘膜の表層が脱落した状態。ただれ。
※月暈(1953)〈島尾敏雄〉「表面に傷口が無いということは、却って悪い状態で、目に見えない場所で糜爛(ビラン)は進行し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の糜爛の言及

【胃潰瘍】より

…胃壁が内側からえぐられ組織欠損を起こした状態をいう。胃壁の欠損が表面の粘膜にとどまるものを糜爛(びらん)と呼び,粘膜下層より深い組織欠損を潰瘍と呼んで区別することが多い。大部分の潰瘍は,なんらかの原因によって胃の組織が胃液の酸やペプシンに消化されて生じるもので,消化性潰瘍とも呼ばれている。…

【潰瘍】より

壊死をおこした組織が融解したり,剝離(はくり)したあとに,臓器の表面にできた組織欠損部をいう。ごく浅いものは糜爛(びらん)といわれる。潰瘍ができる場所は,壊死物質が容易に除去される部位,すなわち,皮膚,鼻口腔粘膜,角膜など体表に接する場所や,消化管,気道,尿路,血管などの管腔臓器の内腔面である。…

※「糜爛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android