月暈(読み)ゲツウン

精選版 日本国語大辞典の解説

げつ‐うん【月暈】

〘名〙 月の周囲に現われる輪状の光。細かい氷の結晶からできている雲で月の光が反射・屈折して起こる現象。月の暈(かさ)
※玉山先生詩集遺稿(1774)宿熱海旅館、観野火焼山「長烟生月暈、落点乱星輝」 〔史記‐天官書〕

つき‐がさ【月暈】

〘名〙 大気中に浮遊する氷晶によって月の光が反射または屈折して生じる光の環。半径約二二度、環は通常、外側の方が明るい。白色に見えるが光のつよい場合は、内側が赤みがかって見え、外側はうすい黄色に見える。つきのかさ。ハロ。〔羅葡日辞書(1595)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報