コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀州鉱山 きしゅうこうざん

2件 の用語解説(紀州鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀州鉱山
きしゅうこうざん

三重県南部,熊野川の支流楊枝川の流域にあった銅山。開発は付近の室谷,十薬 (とぐすり) ,大栗須 (おおぐるす) などの銅山とともに慶長年間 (1596~1615) から始り,和歌山藩や新宮藩により経営された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きしゅうこうざん【紀州鉱山】

三重県南牟婁(むろ)郡紀和町にある銅鉱山。鉱床は中生層,第三紀層のケツ岩に生じた割れ目を充てん(塡)した割れ目充てん多金属鉱脈で,多数の鉱脈が広い範囲に分布している。非常に古い時代の発見とされ,長い間,日本の重要鉱山の一つとして稼行されてきたが,1978年に操業を停止した。【山口 梅太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の紀州鉱山の言及

【紀和[町]】より

…古くから鉱山が開発された地域で,当地の産金は慶長小判や桃山城,日光東照宮の造営に使われたという。昭和初期に一時採掘は中断されたが,1934年より石原産業が紀州鉱山として操業を再開し,第2次大戦中は銅,硫化鉄をおもに産出する鉱山として繁栄した。その後鉱脈が衰えたため78年に鉱山は閉鎖され,深刻な過疎化問題が起こっている。…

※「紀州鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紀州鉱山の関連キーワード三重県南牟婁郡紀宝町浅里三重県南牟婁郡紀宝町井田三重県南牟婁郡紀宝町井内三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿三重県南牟婁郡紀宝町大里三重県南牟婁郡紀宝町桐原三重県南牟婁郡紀宝町瀬原三重県南牟婁郡紀宝町たか岡三重県南牟婁郡紀宝町成川三重県南牟婁郡紀宝町鮒田

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紀州鉱山の関連情報