紙切り(読み)カミキリ

世界大百科事典 第2版の解説

かみきり【紙切り】

寄席演芸の一種。現在は紙工術(しこうじゆつ)とも呼ばれる。演者が観客の注文を受けると,下座の囃子につれて,はさみをまわさずに,紙のほうをうまく回しながら,即座に注文された人物や場景などを切りぬいてみせる芸。古くからおこなわれていたが,とくに林家正楽(しようらく)(1895‐1966)は,3種類の紙を切り合わせてすかして見せ,一つの図にすることを創案して名人と称された。【興津 要】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみきり【紙切り】

紙を切ること。また、紙を切る道具。小刀・ペーパー-ナイフなど。 「 -小刀こがたな
紙を切り抜いていろいろな物の形を作る演芸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙切り
かみきり

寄席(よせ)演芸の一種。色物(いろもの)とよばれる演芸の一つで、客の注文に応じて即座にさまざまな形に紙を切ってみせる芸。鋏(はさみ)よりも紙のほうを下座(げざ)音楽にあわせて巧みに回転させながら切るところに特色がある。色物としては新しいもので、上方(かみがた)では1914年(大正3)ごろに巴家伯系(ともえやはくけい)が奇術とともに演じて評判となり、続いて桂南天(かつらなんてん)が演じ、昭和には紙乃喜利平(かみのきりへい)らがこの芸を伝えた。東京では林家正楽(はやしやしょうらく)(1895―1966)が紙切りの家元的存在となり、その一門によって大いに繁栄している。1966年(昭和41)山崎景作(1935―98)が、2代目正楽を、2000年(平成12)秋元真(1948― )が3代目正楽を継いだ。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紙切りの言及

【大衆演芸】より

…テレビ出現後,漫才は,いよいよ人気を高め,今日では歌謡ショー,トリオという形もでき,大衆演芸の雄として活動している。 紙切りは,1914年(大正3)ごろに,大阪で巴家(ともえや)伯糸が知られた。これは客の注文で,即座に紙をさまざまな形に切って見せる芸である。…

※「紙切り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紙切りの関連情報