コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林家正楽 はやしやしょうらく

大辞林 第三版の解説

はやしやしょうらく【林家正楽】

1895~1966) 紙切り芸人。長野県生まれ。本名、一柳金次郎。初め落語家だったが紙切り芸に転向、自ら「紙工芸」と名づけ第一人者となる。新作落語の作者でもあり「さんま火事」を残す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の林家正楽の言及

【紙切り】より

…演者が観客の注文を受けると,下座の囃子につれて,はさみをまわさずに,紙のほうをうまく回しながら,即座に注文された人物や場景などを切りぬいてみせる芸。古くからおこなわれていたが,とくに林家正楽(しようらく)(1895‐1966)は,3種類の紙を切り合わせてすかして見せ,一つの図にすることを創案して名人と称された。【興津 要】。…

【大衆演芸】より

…大正末期に大阪では桂南天がこれを演じ,昭和では紙乃喜利平(かみのきりへい)が著名である。東京では昭和30年代以後林家正楽が紙切りとして一家をなしている。 声色(声帯模写)は,江戸時代から行われた大衆演芸の一つだが,昭和の現代に及んでも衰えていない。…

※「林家正楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林家正楽の関連キーワード三遊亭 小円遊(4代目)笑福亭 松鶴(6代目)林家 正楽(1代目)林家 正楽(2代目)林家 正三(5代目)林家 正楽(初代)笑福亭松鶴(6世)桂 春輔(初代)林家正楽(2代)帰天斎 小正一9月21日林家 彦六さんま火事帰天斎正一第一人者紙切り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林家正楽の関連情報