コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙屋川 カミヤガワ

デジタル大辞泉の解説

かみや‐がわ〔‐がは〕【紙屋川】

京都市西部を流れる川。鷹峰(たかがみね)山中に源を発し、北野天満宮の西を流れたのち、天神川となって桂川に合流する。[歌枕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみやがわ【紙屋川】

京都市街地西部を南流する天神てんじん川の上流部の通称。平安時代に紙屋院かみやいんが置かれた。鷹ヶ峰たかがみね北西の山地に源を発する。⦅歌枕⦆

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙屋川
かみやがわ

京都市街の西部を南流する川。北区鷹峯(たかがみね)に源流し、南区吉祥院(きっしょういん)で桂(かつら)川に流入する。全長約14キロメートルの小河川。平安時代には北野付近に紙師が居住し、紙屋院(かみやいん)の管理のもとに朝廷用の紙漉(かみす)きが行われたので紙屋川と称するが、現在は鷹峯千束(せんぞく)町以南は天神川ともよばれる。また北野天満宮付近の河畔には豊臣(とよとみ)秀吉のつくった御土居(おどい)が残る。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紙屋川の言及

【紙屋院】より

…紙屋院では1日に120~200枚ほどの紙をすき,毎年2万枚を内蔵寮(くらりよう)に納めることが《延喜式》に定められている。平安時代には野宮(ののみや)の東(嵯峨野)にあったことが《西宮記》に記されており,その近くを流れる天神川は今なお紙屋川ともいわれている。紙屋院ですかれた紙は紙屋紙と呼ばれ,上質で,写経や宣旨・綸旨の紙,あるいは宮廷での使用等にあてられたようで,《源氏物語》などの文学作品にも見られる。…

※「紙屋川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

紙屋川の関連キーワード京都府京都市上京区北野(京都市)立花家橘之助荒見川の祓織田武雄紙屋紙御土居紙屋院東陽坊鷹ヶ峰堀川

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紙屋川の関連情報