コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神川 てんじんがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天神川
てんじんがわ

鳥取県中部を北流する川。岡山県との県境にある津黒山 (1118m) に源を発し,途中で小鹿川,小鴨川などを合わせて湯梨浜町で日本海に注ぐ。全長約 32km。上流部では標高 600mの隆起準平原面を深く浸食して峡谷を形成し,下流では倉吉平野を形成。灌漑に利用され,米作,ナシ栽培が発達。本・支流沿岸には古墳,国分寺跡,山岳信仰の中心である三徳山 (国指定名勝・史跡) ,小鹿渓 (国指定名勝) ,三朝温泉北条砂丘などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんじん‐がわ〔‐がは〕【天神川】

鳥取県中央部を流れる川。東伯(とうはく)郡三朝(みささ)町の津黒(つぐろ)山(標高1118メートル)に源を発する竹田川が北流して小鴨(おがも)川などの支流を合わせ、同郡湯梨浜(ゆりはま)町と北栄(ほくえい)町の境で日本海に注ぐ。長さ32キロ。中・下流域は倉吉平野。海岸に北条砂丘、湯梨浜町に潟湖(せきこ)の東郷池がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天神川【てんじんがわ】

鳥取県中部の川。長さ32km,流域面積490km2。大山東部に発して北東流する小鴨(おがも)川を上井(あげい)で合し倉吉平野を形成,日本海に注ぐ。支流三朝(みささ)川の上流には小鹿渓(名勝)がある。
→関連項目鳥取[県]北条[町]三朝[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんじんがわ【天神川】

鳥取県中部を北流する川。岡山県境に近い三朝(みささ)町南端の津黒山に源流部があり,中流部で小鹿川,小鴨(おがも)川を合わせ,羽合(はわい)町長瀬付近で北条砂丘を横切って日本海に注ぐ。幹川流路延長32km,全流域面積500km2。下流域には倉吉平野,北条平野が展開する。かつて長瀬から東流して橋津に流れて日本海に注いでいたが,元文年間(1736‐41)に北条砂丘を開削して現在の流路とした。【豊島 吉則】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕天神川(てんじんがわ)


鳥取県中部を流れる川。鳥取・岡山両県境の大谷(おおたに)峠に源を発し、北流して小鴨(こがも)川などを合わせ、東伯(とうはく)郡北栄(ほくえい)町と湯梨浜(ゆりはま)町の境で日本海に注ぐ。1級河川(天神川水系)。延長32km。流域面積490km2。河口付近は砂丘地帯でブドウ・メロン・ナガイモなどの栽培が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天神川
てんじんがわ

鳥取県の中央部を流れ日本海に注ぐ川。一級河川。延長32キロメートル。流域面積490平方キロメートル。中国山地の津黒(つぐろ)山、三国(みくに)山、大山(だいせん)に源を発して北流し、倉吉(くらよし)平野を縦断して湯梨浜(ゆりはま)町西端で日本海に流入する。かつては東へ曲流して橋津(はしづ)で日本海に注いだが、下流路は、寛文(かんぶん)年間(1661~1673)の改修で現在の流路となった。構造線に沿う竹田(たけだ)川(上流部の別称)、支流の三徳(みとく)(三朝(みささ))川、小鴨(おがも)川には約三段の段丘が発達する。上流の三徳山付近の渓谷や小鹿渓(おしかけい)(国の名勝)は谷頭侵食部にできたもの。小鹿渓の上流には中津(なかつ)ダムと平家村の中津がある。河口東岸の北条(ほうじょう)砂丘裏には埋め残しの海跡湖東郷(とうごう)池がある。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天神川の言及

【宍道湖】より

…このころの湖は面積は現在の約1.5倍,塩分の濃度も高かったとみられるが,はんらんと河道の変遷をくり返してきた斐伊川が寛永年間(1624‐44)に東流して湖に注ぐようになってから,上流の鉄穴流(かんなながし)(たたら製鉄用の砂鉄採取)の影響もあって土砂が堆積して湖面は縮小し,塩分も減少した。一方,斐伊川の流入は西岸の三角州の成長を進める反面,東岸の松江にしばしば洪水の被害をもたらしたので,1689年(元禄2)に大橋川の南に並行して天神川が開かれ,1787年(天明7)には日本海に直接注ぐ排水路として佐陀(さだ)川が島根半島を横切って開かれた。両水路とも現在は排水量は少ない。…

【松江平野】より

…島根県北東部,島根半島南側の宍道(しんじ)低地帯にあり,宍道湖中海にはさまれた平野。中央には両湖を結ぶ大橋川,天神川などが流れ,主として西部に広がる沖積低地に松江市街地が立地し,東部は低い丘陵地となっている。《出雲国風土記》にある〈入海(いりうみ)〉の一部だったところで,第三紀後半に嫁ヶ島や茶臼山,洪積世末に嵩(たけ)山や和久羅山が形成され,のちこの間の浅海が埋積されて平野が形成された。…

※「天神川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天神川の関連キーワード拝師荘(拝志荘)京都市営地下鉄北野(京都市)湯梨浜(町)上京[区]倉吉[市]北条[町]三朝[町]花屋町通り三朝(町)鳥取(県)青木市兵衛北条〈町〉羽合[町]山城[町]松江平野五条通り拝師荘紙屋院倉吉市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天神川の関連情報