コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙本 シホン

大辞林 第三版の解説

しほん【紙本】

書・画・文書もんじよなどで、紙に書かれたもの。絹本けんぽんに対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙本
しほん

書・画・文書(もんじょ)などの紙に書かれたもの。「本」には「質」(材質)の意味があり、たとえば「紙本墨書」といえば、紙に墨で書かれた書あるいは文書、「紙本着色」は、紙に描かれた着彩画であることを示す。ほかに、紙本淡彩、紙本金地着色、紙本版画など、技法を表すことばと組み合わせて、おもに美術作品や歴史資料の材質を示すのに用いられることが多い。
 紙本に対して、絹に書かれたものを絹本(けんぽん)という。また、同じ絹でも繻子(しゅす)織の一種で、光沢のある絖(ぬめ)に書いたものを、とくに絖本(こうほん)とよんでいる。[松原 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紙本の関連キーワード京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町京都府京都市東山区粟田口三条坊町京都府京都市上京区相国寺門前町神奈川県足柄下郡箱根町元箱根京都府与謝郡伊根町本庄浜京都府京都市下京区常葉町長野県伊那市高遠町西高遠愛媛県西予市宇和町伊賀上奈良県生駒郡平群町信貴山兵庫県神戸市兵庫区松原通大阪府三島郡島本町広瀬三重県多気郡多気町長谷大阪府堺市堺区甲斐町東島根県浜田市三隅町室谷神奈川県鎌倉市材木座和歌山県紀の川市粉河愛知県名古屋市中区橘大阪府岸和田市池尻町徳島県徳島市南島田町大阪府豊中市小曽根

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紙本の関連情報