コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫上 むらさきのうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紫上 むらさきのうえ

源氏物語」に登場する女性。
光源氏が思慕する藤壺(ふじつぼ)に生き写しの少女として「若紫」の巻に登場。源氏に養育され,葵上(あおいのうえ)の没後正妻となる。六条院の主として源氏をささえ,「御法(みのり)」の巻で病没。43歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紫上の言及

【源氏物語】より

…父帝の死と共に源氏は逆境に陥り,須磨,明石にさすらうが2年後に許されて帰京する。以後は幼帝の後見として勢威が備わり,六条院の大邸宅を築いて,最愛の紫上(むらさきのうえ)のほか関係のあった女性たちを集めて住まわせる。源氏の地位は太政大臣から準太政天皇に達した(以上第1部)。…

※「紫上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紫上の関連キーワード浜松中納言物語偐紫田舎源氏六条御息所聖光上人明石君紫式部光源氏弁長

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫上の関連情報