コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン

デジタル大辞泉の解説

しん【紳】

昔、中国で、高位高官の人が礼装に用いた幅の広い。おおおび。

しん【紳】[漢字項目]

常用漢字] [音]シン(呉)(漢)
身分・教養のある人。「紳士紳商貴紳田紳
[補説]原義は、高官が礼装に用いる太い帯。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しん【紳】

高貴の人が礼装用にしめる幅広の帯。ふとおび。おおおび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【帯】より


【中国古代の帯】
 古代中国には朝廷の公式儀礼服に用いる大帯(だいたい)と革帯(かくたい)があった。大帯は紳(しん)とも呼ばれるやわらかい絹の帯で,主として祭服および女子の礼服用とされた。革帯はなめし革に金銀や玉石,または亀の甲やサメの皮などの装飾をほどこしたかたい帯で,両端に金銀製金具をつけて使用した。…

【郷紳】より

…明代後半期から中国革命に至る時期の中国における地方の支配層。郷紳は田主(でんしゆ)あるいは業主(ぎようしゆ)と呼ばれた地主の一員であったが,その中でも日常的に地域社会の動向を左右する実力者であり,2,3年の任期で去っていく地方官にまさる影響力をもっていた。 朝廷に出仕する官僚の着用する大帯を紳(しん)といい,この大帯にメモ用の板(笏(こつ))をさしはさむことを縉(しん)と呼んだが,これに由来する縉紳(しんしん)という語は秦・漢以前から官僚の雅称として用いられてきた。…

※「紳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

紳の関連キーワード未来戦隊タイムレンジャーファン・ボイ・チャウ若手四天王(囲碁の)銀装騎攻オーディアンファン・ディン・フンカントリー・ハウスニッポン国古屋敷村鶴沢燕三(6代)成田空港反対闘争するが夢倶楽部ジェントルマンアスペクト比ジェントリー美濃岡洋子均田均役法佐々木聡美スポイラージェントリ搢紳・縉紳佐知とマユ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紳の関連情報