コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン

デジタル大辞泉の解説

しん【紳】

昔、中国で、高位高官の人が礼装に用いた幅の広い。おおおび。

しん【紳】[漢字項目]

常用漢字] [音]シン(呉)(漢)
身分・教養のある人。「紳士紳商貴紳田紳
[補説]原義は、高官が礼装に用いる太い帯。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しん【紳】

高貴の人が礼装用にしめる幅広の帯。ふとおび。おおおび。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【帯】より


【中国古代の帯】
 古代中国には朝廷の公式儀礼服に用いる大帯(だいたい)と革帯(かくたい)があった。大帯は紳(しん)とも呼ばれるやわらかい絹の帯で,主として祭服および女子の礼服用とされた。革帯はなめし革に金銀や玉石,または亀の甲やサメの皮などの装飾をほどこしたかたい帯で,両端に金銀製金具をつけて使用した。…

【郷紳】より

…明代後半期から中国革命に至る時期の中国における地方の支配層。郷紳は田主(でんしゆ)あるいは業主(ぎようしゆ)と呼ばれた地主の一員であったが,その中でも日常的に地域社会の動向を左右する実力者であり,2,3年の任期で去っていく地方官にまさる影響力をもっていた。 朝廷に出仕する官僚の着用する大帯を紳(しん)といい,この大帯にメモ用の板(笏(こつ))をさしはさむことを縉(しん)と呼んだが,これに由来する縉紳(しんしん)という語は秦・漢以前から官僚の雅称として用いられてきた。…

※「紳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紳の関連キーワード未来戦隊タイムレンジャーファン・ディン・フンファン・ボイ・チャウ銀装騎攻オーディアン若手四天王(囲碁の)カントリー・ハウスニッポン国古屋敷村成田空港反対闘争鶴沢燕三(6代)するが夢倶楽部ジェントルマンジェントリーアスペクト比佐々木聡美ジェントリ佐知とマユスポイラー美濃岡洋子搢紳・縉紳惟高妙安

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紳の関連情報