コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久能寺経 くのうじきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久能寺経
くのうじきょう

平安時代の装飾経で永治1 (1141) 年の書写。もと静岡市清水の久能寺に伝わったのでこの名がある。『法華経』 28巻のほか『無量義経』『勧普賢経』が現存し,久能寺を継ぐ鉄舟寺が 19巻 (国宝) 所蔵し,その他は分蔵される。表紙,見返し,本紙に華麗な金銀の装飾が施され,見返しには葦手を織込んだ優れたやまと絵の描かれたものもある。各巻末に鳥羽上皇待賢門院美福門院などの結縁者の名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

久能寺経【くのうじきょう】

1141年ころ鳥羽(とば)上皇・待賢門院(たいけんもんいん)をはじめ近侍の人びとによって駿河(するが)の久能寺(のち廃絶)に奉納された飾経。平安末期の装飾経では平家納経(へいけのうきょう)と並ぶ名品で,当初は法華経30巻,現在19巻残存。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久能寺経
くのうじきょう

平安時代に制作された装飾経の代表作。『法華経(ほけきょう)』8巻(28品(ほん))に開結(かいけつ)の二経を加えた30巻を1人1巻ずつ分担して書写したものを一品経(いっぽんきょう)とよぶ。そのもっとも古くかつ比較的完全な形で残っているのが久能寺経である。もと静岡県の久能寺(現在は廃絶して鉄舟寺(てっしゅうじ)に改名)に伝わったので、この名がある。鉄舟寺(静岡市)に19巻(国宝)が現存、ほかは東京国立博物館などに分蔵される。各巻の巻末に結縁(けちえん)者名が記されており、1141年(永治1)鳥羽院(とばいん)、待賢門院(たいけんもんいん)、美福門院(びふくもんいん)らを中心とする宮廷の人々によって供養されたものと考えられる。大和絵(やまとえ)の描かれた見返し、金銀の切箔(きりはく)をまいた料紙は、王朝貴族の美意識を反映する華麗なものである。[久保木彰一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久能寺経の関連キーワード田中親美藤原定信寄合書一品経紺紙歌絵

久能寺経の関連情報