コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経紙 キョウガミ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐がみ〔キヤウ‐〕【経紙】

写経の用紙。きょうし。

きょう‐し〔キヤウ‐〕【経紙】

きょうがみ(経紙)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうがみ【経紙】

写経のための用紙。きょうし。

きょうし【経紙】

写経用の紙。きょうがみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経紙
きょうし

写経用紙。日本の製紙は古代の仏教文化と関係が深く、奈良時代の写経の流行は、中世の西欧キリスト教国にもみられないほどの紙の需要を引き起こし、製紙を一大産業にまで発展させる基礎を築いた。そのようすは『正倉院文書』などの多くの文献からうかがえるが、技術的にも流し漉(ず)き法の発明や染色、加工に著しい進歩を示し、平安時代以降装飾性も加味されて、荘厳(そうごん)経などの華美な経紙がつくられた。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

経紙の関連キーワード美作紙佐賀錦杉原写経

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経紙の関連情報