コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経紙 キョウガミ

5件 の用語解説(経紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐がみ〔キヤウ‐〕【経紙】

写経の用紙。きょうし。

きょう‐し〔キヤウ‐〕【経紙】

きょうがみ(経紙)」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経紙
きょうし

写経用紙。日本の製紙は古代の仏教文化と関係が深く、奈良時代の写経の流行は、中世の西欧キリスト教国にもみられないほどの紙の需要を引き起こし、製紙を一大産業にまで発展させる基礎を築いた。そのようすは『正倉院文書』などの多くの文献からうかがえるが、技術的にも流し漉(ず)き法の発明や染色、加工に著しい進歩を示し、平安時代以降装飾性も加味されて、荘厳(そうごん)経などの華美な経紙がつくられた。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経紙の関連情報