コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唇脚類 シンキャクルイ

世界大百科事典 第2版の解説

しんきゃくるい【唇脚類】

節足動物門唇脚綱Chilopodaの総称。ムカデ綱,唇足類ということもある。ゲジ目,イシムカデ目,ナガズイシムカデ目,オオムカデ目およびジムカデ目にわけられる。【篠原 圭三郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんきゃくるい【唇脚類】

節足動物門の一綱。ムカデ・ゲジの類。体は細長く、頭部に毒腺と顎肢がくしをもち、胴部は一五~一七〇余の胴節からなり、各胴節には一対の付属肢がある。世界に3000種近くが知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唇脚類
しんきゃくるい

ムカデ類」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唇脚類
しんきゃくるい

節足動物門の1綱Chilopodaを構成する動物群で、いわゆるムカデ類とゲジ類が含まれる。陸上生活に適応した節足動物のうち、頭に1対の触角をもち、マルピーギ管、梯子(はしご)形神経系、気管呼吸、尾端に生殖器があることなど昆虫類に似ているが、第一胴節の付属肢が強大な顎肢(がくし)となり、毒腺(どくせん)をもつのは非常に特殊な標徴とされており、早い時期に昆虫とは別の進化の道をたどったと考えられている。世界に約3000種近い種類が知られており、熱帯地方には大形種が多い。[篠原圭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

唇脚類の関連キーワードムカデ(蜈蚣∥百足)多足類付属肢気管毒腺胴部

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android